百綴吉兆

百綴吉兆ひゃくつづれきっちょう

百綴吉兆

百綴

一般の綴は7百本の太いたて糸を使用しますが〝平野屋〟の『百綴』は明綴に近い二千四百本の細いたて糸を使用し、張りのある締め心地の良い風合いを作っています。

百綴吉兆

おめでたい兆しとしての吉祥文をモチーフとして〝百綴〟で表現しました。

松竹梅

厳寒の中でも緑を保つ松、竹は長寿の象徴であり、梅は新春に香り高く花を咲かせることで、中国では歳寒三友と言います。日本でも祝儀の代表的な文様です。

鳳凰

架空の文様で理想をもとにデザインされています。
中国では麒麟、龍、亀と共に四瑞と呼ばれ、鳥の王でもあります。

よせては返す波は、その連続性から良い事のくり返しを意味し、様々な形で吉祥文に用いられています。