絲縷玖

絲縷玖しるく

絲縷玖

いにしえの織〝羅・透綾〟

綴織と共に古くから歴史をもつ『羅織』の網目状の〝よろけ模様〟と、江戸時代・文化文政のころに織られていた明石・透綾の透明感を三重組織で織り上げ、文様を
やわらかく、幻想的に表現しました。

天然染料

天然染料(備長炭染・桃皮染)を使い先染め致しました。
柔らかさと〝こく〟のある色彩がひと味違う『上質』を漂わせます。

伝承の技〝ぬれぬき〟

一越ずつ水に浸した〝よこ糸〟で織り上げる〝ぬれぬき〟は、室町時代より高級装束の製織に用いられてきた伝統技法です。
いつまでも張りのある風合いをお楽しみ下さい。